複数の不動産屋に

不動産の売却金額の相場を知りたいと思ったら、国土交通省が公開している土地総合情報システムというサービスが便利です。
見積もりイメージイラストここでは、不動産取引価格がおおよそいくらであるのかを知る事ができますが、あくまでおおよその金額ですので、実際に売却する際には誤差が生じてきます。
その為、売ると思ったらしっかりと不動産屋さんに査定をしてもらう必要があります。

しかし、ここで注意しておかなければいけないのが不動産屋さんは公正ではないという事です。
不動産屋さんは自分の会社で買取って売却した時の利益を考えて買取価格を決定します。
不動産屋さんの売却価格というものは、不動産業界全体の相場は参考にしていますが、それぞれの不動産で独自の査定がありますし、もっと言えば査定してくれる担当者によっても大きく変わります。

その為、不動産屋さんに査定を依頼するような場合には、かならず複数の不動産屋さんに査定をしてもらって下さい
数百万円単位で差がでるような物件もありますので注意が必要になります。
もちろん、複数の不動産屋さんに査定を依頼したからといってすぐに売却しなければいけないという事ではありません。しっかりと納得がいくまで話し合ってから売却するのが必要になります。しかし、話し合いのベース金額を高い所から始めるためにも複数の見積もりは重要になってくるのです。

簡単に調べる方法

自分の家の売却価格を前以て知っておくというのはとても重要な事です。ポストに不動産屋さんの無料査定のチラシが入っていたとしても、興味はあってもそれから先に不動産屋さんとの面倒なやりとりをしなければいけないと考えてしまうと、腰が重くなるケースも多いと思います。
国土交通省イメージイラストしかし、現時点で家を売却する予定が無くても、いざ売却する事になったらあまりに忙しくて、売却時に時間をかけて値段を詰めるような事ができなくなってしまいます。

不動産屋さんに頼らずにおおよその家の売却相場を知るのに良く利用されているのが毎年3月に公表されている国土交通省の土地総合情報です。
国土交通省の土地総合情報には坪単価などが紹介されており、おおよその土地の価格を知る事ができます。
しかし、坪単価うんぬんが分かりにくいという方の場合には、国土交通省が不動産取引価格情報を一般公開している土地総合情報システムというサービスがおすすめです。
こちらの国土交通省地価公示・都道府県地価調査から知りたい土地を選択していけば、おおよその金額を確認する事ができます。これなら直ぐに調べる事ができますのでおすすめです。


関連ホームページ&関連記事

家を売るには相場を知る事から

頭を悩ませる女性のイラスト家を売ろうと思った時に最初に考えなければいけないのが家の売却値段です。
家を売りたいと思っても今の家がいくらで売却出来るのかを知らなければ、はたして売却しても良いのかどうかという判断をする事はできません。
家の売却を考えている場合には、お金が必要な場合はもちろんの事、転居などで手放さなければならなくなってしまうような状況もあります。
その為、今後の行動目安として、一体いくらくらいで売却する事ができるのかという事はとても重要になってくるのです。

もっとも単純な家の売却価格を知る方法は不動産屋さんに無料査定を申し込むという事です
一軒家の場合には、時々ポストに不動産屋さんからの無料査定のチラシが入っている事があります。
無料査定はその名の通り無料になりますので、今すぐに売却する予定が無くても、その時々の売却相場を知る為にはとても重要になってきます。しかし、不動産屋さんに無料査定を申し込むと、その分貴重な時間を失ってしまいますし、一度無料査定を行った不動産屋さんからは、なんども連絡が来るなどのデメリットも考えられます。

そこでこちらのページでは、家を売る際に絶対に必要となる家の売却金額の相場をスマートに調べる方法などの情報をご紹介していきます。これまで、何かと面倒だと思って不動産屋さんからのチラシをスルーしていた方も相場を知る事はとても重要な事になりますので、嫌な事から目をそむけずにしっかりと確認するようにしてください。こちらのページでは、大体の相場が直ぐに分かるお得な情報をご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてください。